新着情報


2017.02.06

介護に関する疑問  老健は3ヶ月で退所しなくてはならないのですか?

老健とは
 



 
介護老人保健施設の事を、一般的に老健と呼びます。
 
病院を退院になるが、まだ医療面や介護面で不安があるし、自宅での生活は難しい。

      
 
と言うようなケースの方が利用する事が多く、病院と自宅の中間に位置する施設と言われています。
 
原則として65歳以上の要介護の認定を受けているという事が条件で利用することができます。
 
日常生活における介助を受ける事ができ、医療とリハビリテーションが充実しているというのが特徴です。
 
 
老健はあくまで在宅復帰を目的としている施設のため、長期の入居は基本的にありません。
 
では、その期間はどれくらいなのでしょう。
 


      
 
 
 
 相模原市 小平市有料老人ホーム
 
 
 
 
入居期間



 
 
 
老健は3ヶ月で出なければならないと認識している方が多くいるようです。
入居する際に、3ヶ月までだと説明する施設もあるようですが、そのような決まりはありません。
 
退所しなければならないという決まりはないのですが、およそ3ヶ月毎に、退所できるのか、継続して入居させるのが望ましいのかの判断をします。
退所できるまで身体機能が回復したのか、在宅介護で生活できるか、まだ老健でリハビリが必要なのか、まだ身体機能の向上が見込まれるかなどの判断をし、退所が望ましいと判断された場合は、老健を退所しなければなりません。

                
 
なぜこの様な判断を数ヶ月毎に行うのかというと、それは老健が在宅復帰を目指すための施設であるからです。
元々、長期入居が必要な人を受け入れる施設ではないため、3ヶ月を区切りとし、自宅に戻れるのかそうでないのか、リハビリの見直しなどを行ったりする必要があるのです。
 
このような精査が3ヶ月毎に行われますが、必ず3ヶ月で退所しなければならないという決まりは一切無いのです。
 
現に、老健への入居期間は、平均的に6ヶ月〜1年半となっているようです。
 
 
 




 
老健から自宅へ
 




 
 
老健はあくまで、在宅復帰を目指すための施設ですが、いくら身体機能が回復したからといって、自宅で介護をするのが大変な場合も多いのが現状です。


         
 
そのため、特養の空きを待つ間、老健から病院、そしてまた老健へと戻るケースや、老健から老健へと転々とする方もいるようです。
 
環境が頻繁に変化する事は、高齢者にとって、身体的、精神的にかなりの負担がかかります。認知症が悪化してしまうケースもあるようです。
 
自宅での介護が難しいのであれば、特養の待ちで環境をコロコロ変えるより、少しお金は掛かりますが、有料老人ホームなどの施設を利用するのが良いのかも知れません。
 
また、有料老人ホームなどには、短期入所できるホームもあるので、特養を待つ期間だけ利用する事も可能です。
 
 
老健は、自宅に戻る事を目的に入所する施設です。
老健への入所を検討するのであれば、退所後は自宅に戻るのか、他の施設に入居するのか、退所後の事も同時に考えておく必要があります。
老健でのリハビリの間、自宅に手すりを付けるなどの住宅改修(リフォーム)であったり、条件に合う有料老人ホームなどを探すなどの、退所後の準備をしましょう。
 
また、老健退所にあたって、もう少し準備が必要であったり、退所理由に納得がいかない場合は、ケアマネさんなどに相談しましょう。






   







有料老人ホームをお探しなら、COUSIN(こうしん)へお任せ下さい。
      


老健退所後にスムーズに入居できるよう手配致します。
見学同行や、送迎なども無料です。


COUSIN(こうしんは)広告宣伝費や介護タクシーで成り立っているため、相談者様から、相談料や紹介料などを頂く事は一切ありません。
お気軽にご相談下さい。



☎︎ 0120-650-542    〜老後はこうしんに〜


受付時間 10:00〜20:00まで 土日も営業しております。





こうしんの他の記事も読んでみる
こうしんの介護保険入門 まとめ

介護に関する疑問  まとめ

こうしんの介護に関する基礎知識 

高齢者の健康に関する記事

有料老人ホーム入門もくじ




こうしんの介護タクシーのご案内


車いす・ストレッチャー対応
付き添いの方もゆったりと座れます
詳しくはこちら
  ↓

こうしんの介護タクシー







 

スマフォ版で見る


新着情報



ページトップへ