新着情報


2016.05.31

介護に関する疑問  要介護認定決定前にサービスは利用できるか

要介護度が認定される前に、介護保険サービスを利用する事はできますか?
 
 
介護保険サービスを受ける為には、先ず、要介護認定を受けなければなりません。
要介護度が認定され、初めて介護保険サービスを利用する事ができます。
 
しかし、介護認定は、申請から認定まで、約1ヶ月掛かかり、その間、全く介護保険サービスを利用せずに生活するのが、困難ケースもあるのが現状です。
 
そのため、認定前でもサービスを利用できないのかという疑問を持つ方も多いようです。
 
 
介護保険サービスの利用
 
介護保険サービスは、要介護認定の申請から、認定結果の通知までの期間でも利用することができます。
                               
認定結果の有効期間は、申請日までさかのぼるのです。
 
しかし、注意しておきたいのは、この間のサービス利用料は、一度、全額自己負担しなければならないということ。
 
その後、要介護認定されれば、申請日までさかのぼり、後払いという形で、保険給付を受け取ることができます。
これを償還払いと言います。
 
つまり、実質的に、自己負担は1割〜2割になるということです。
 
しかし、認定の結果、自立などと判断された場合、利用したサービスは全額自己負担となります。
 

申請日以前に利用したサービスも、緊急性を要するような特例を除いて、全額自己負担です。
 
 
 
認定結果の予測も難しいですし、どのようなサービスを利用するかなどは、ケアマネジャーとよく相談した上で決めるのが良いでしょう。

 

スマフォ版で見る


新着情報



ページトップへ