新着情報


2016.05.07

介護に関する基礎知識  ケアマネジャー


介護支援専門員

 
ケアマネジャーとは一般的な呼び名で、正式には「介護支援専門員」と言います。
「ケアマネジメントに従事する者」ということで、ケアマネジャーと呼ばれています。
一般的には、ケアマネジャーを略して「ケアマネ」と呼ばれる事が多いです。

今回は、このケアマネジャーについて解説して行きたいと思います。
                               

 
ケアマネの仕事は?
 
 
ケアマネジャーという言葉自体は、介護需要が高まり続ける現在、耳にする機会も増えたのではないかと思います。
それでは、ケアマネとは一体何をしている人達なのでしょうか。
                        
                                
主な仕事

ケアプランの作成

ケアマネの中核的な仕事です。このケアプランがなければ介護保険サービスは受けられません。
介護を受ける高齢者ご本人や、そのご家族の要望、お体の具合や要介護度など様々な要素の中から、必要な介護保険サービスの種類や量、内容などを定めたケアプランを作成します。
ケアプランというのは、いわば、介護保険サービスの「利用計画書」の様なものです。
 
ケアプランは個人で作成する事もできますが、介護保険も複雑で難しく、何よりも実際利用する介護事業所との連絡、スケジュール調整などが大変です。その点、ケアマネさんはスケジュール調整なども行ってくれるので、安心してサービスを受けることができます。
 
モニタリング

ケアマネさんに作成してもらったケアプランに沿って介護保険サービスが提供されます。
しかし、ケアマネの仕事はまだ終わりません。
 
 
そのサービスが利用者ご本人に合っているのか
 
きちんとサービスは提供されているのか
 
ご本人はもちろんの事、ご家族にもそのサービスが合っているのか
 
このサービスは必要ないかもしれない

 
 
など、定期的に利用者を訪問し、モニタリングを行います。必要と判断されれば、ケアプランの見直しをします。
 
ケアマネさんとの付き合いは長くなるので、自分たちに合ったケアマネさんを見つけなくてはなりません。
 


ケアマネってどこにいるの?

 
ケアプランを作ってもらいたい!しかし、一体どこへ行けばケアマネに会えるのでしょうか。
 


特別養護老人ホーム介護老人保健施設など

入居施設に常駐していて、入居者のケアプラン作成などを行っています。
 

居宅介護支援事業所

自宅での介護ということであれば、居宅介護支援事業所へ行きましょう。
ホームヘルパー、デイサービス、デイケア、ショートステイなど、在宅での介護保険サービスを利用したい方は、居宅介護支援事業所のケアマネさんにケアプランを作成してもらいましょう。
 


地域包括支援センター
ここにもケアマネはいます。
しかし、地域包括支援センターのケアマネが作成してくれるケアプランは要支援の方が対象です。
介護などの相談にも乗ってくれます。
 
 
 
先ほども申したように、担当のケアマネさんとは長い付き合いになります。
自分たちに合わないと思ったら、担当のケアマネを変えてみるのもいいかも知れません。
ケアマネの変更は自由に行えます。
ケアマネとの信頼関係を築くのも重要です。気になる事、わからない事などは気軽に担当のケアマネさんに相談しましょう。
 
              
 
 
 
 
 
 

 

スマフォ版で見る


新着情報



ページトップへ